協会の専門家が伝える情報サイト
協会総研

アクセスが集まるブログの書き方のコツ5ヶ条【集客】

アクセスが集まるブログの書き方のコツ

ブログを始めたけど、なかなかアクセス数が上がらないという悩みや疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?また、同様にホームページを立ち上げたけどアクセス数が上がらないという悩みや疑問もあると思います。

現在のネット業界では、かつてのようにただブログを書いているだけでは、アクセスが集まらない仕組みになってきています。

特に、アメブロやlivedoorblogなどの無料ブログでは、多くのアクセスを望むのは無謀とも言えます。

しかし、逆にアクセスが集まりやすいブログの書き方も存在します。ブログの書き方のコツさえ掴んでしまえば、アクセス数は今まででは考えられないほど伸びていきます。

ここでは、アクセスが集まるブログの書き方のコツを5つの観点から紹介していきます。5つのコツを抑えていただければ、自然とアクセスが伸びていくブログに成長していきます。

1. 検索してもらえる対策をする

ブログのアクセス数の内訳を大きく分けると、

「既存ユーザー」「新規ユーザー」

に分類できます。

既存ユーザーとは、すでにあなたのブログを知っていて何回か訪れてくれている人の事で、実際にお客様(受講生)になった人がブログをブックマークしたりして、見に来てくれる人です。フォロワーやお友達と表現されることもあります。

新規ユーザーとは、あなたことを知っていたわけではなく、たまたまブログを見つけて読みに来てくれている人のことです。SNSで拡散された記事から読みに来てくれたり、あるキーワードを検索してブログを見つけてくれて読みに来てくれる人が当てはまります。

ここで注目して欲しいのは、「新規ユーザー」の存在です。アクセス数アップのためには、検索で訪れてくれる新規ユーザーがポイントになります。

もちろん既存のユーザーも大切にして、ブログの記事を書いていくのですが、既存のユーザーの数には限界がありますし、それはアクセス数の限界とも言えます。

そこで、より多くの新規ユーザーにブログに訪れてもらうために、検索からブログを見つけてもらえるようにブログを運営する必要があるのです。

1-1. アメブロでは検索してもらえない

ブログアクセス数を上げるためにはお友達やフォロワー以外のアクセスが必要になります。新規ユーザーがブログを見つける手段としてはネットで検索するか、SNS等で拡散されてきたブログ記事を見てもらうしかありません。

しかし、現在のネット事情では、アメブロやlivedoorblogなどの無料ブログでは、キーワードで検索されることは無くなってしまいました。

Googleは検索表示で、無料ブログのアカウントを軒並み表示圏外に飛ばしているので、アメブロをいくら一生懸命書いていても、アクセス数が上がることはありません。

検索されるメディアは何を使えばいいのか?ということは後ほど紹介します。

1-2. 検索してもらうためのブログの書き方とは?

では、検索されるブログとは一体どのようなブログなのでしょうか?検索されるためのブログの書き方のコツは

  • コンテンツの質が1番重要(コンテンツ・イズ・キング)
  • オウンドメディアで運営する
  • 検索キーワードからニーズを把握する
  • ためになる記事を書く
  • SNSで拡散する

という5つがポイントとなります。

1つひとつ詳しく確認していきましょう。

2. コンテンツの質が1番重要(コンテンツ・イズ・キング)

近年、インターネットの業界では「コンテンツ・イズ・キング」という言葉が主流になってきています。

コンテンツが最も重要で、コンテンツの質が評価されるようになってきました。コンテンツが良ければ評価されて、検索上位表示されるしけど、コンテンツの質が悪ければ、いくらたくさん書いても検索圏外にとばされてしまうということです。

ここで言うコンテンツとは、「ブログ記事の内容」のことを言います。

内容が充実していて、ブログを読んだ人が満足するような有益な情報を出し惜しみなく提供できているブログはGoogleに評価されて、結果的にアクセス数も伸びていきます。

お客様のためにならない、つまらないブログは検索されることがないということです。

今までは、検索上位表示させるためには、業者でも難しいようなSEO対策をしなければなりませんでした。

しかし今は、シンプルにお客様(検索ユーザー)が求めている情報の、それ以上の内容のブログ記事を提供できれば、自然と結果が出るようになったということなのです。

3. オウンドメディアで運営する

冒頭で少し触れましたが、アメブロやlivedoorblogなどの無料ブログでは検索がされなくなっています。

その理由としては、1つ目のポイントでお話しした「コンテンツ・イズ・キング」とも関連しているのですが、無料ブログ自体が「良いコンテンツではない」という評価をされているのです。

無料で利用できるブログのため、色々な人がとりあえず開設して、激しい商品の売り込みや、必要以上にアフィリエイトリンクを貼って、「スパムブログ」のようなアカウントが乱立しました。

Googleはそのようなブログを取り締まるために、無料ブログを一斉に検索圏外に飛ばしているのです。

そこで、無料ブログに変わって重要視されてきているメディアが、「オウンドメディア」なのです。

3-1. 自由に運営できるのは自社サイト

オウンドメディア(owned media)とは、自社が管理して運営するメディアのことで、いわゆるホームページやコンテンツサイトを総称してオウンドメディアと呼んでいます。

この、オウンドメディアでブログを運営することが、アクセス数を上げるための最低条件と言っても過言ではなくなってきています。

つまり、ブログをやるのであれば、オウンドメディアでブログを運営しない限り、アクセスも集まらなければ、その先の集客もできないということです。

3-2. オウンドメディアでブログを書き続けた結果

こちらのグラフは、「協会のはじめて」の立ち上げから約2ヶ月間のアクセス数を表にしたものです。 

スクリーンショット 2016-04-05 7.53.45

アクセス数のアップダウンはありますが、着実にアクセスが上がっているのがわかります。全くのゼロベースで始めたブログでも、開始2ヶ月で月間約10000ページ見られるブログへと成長させることができます。

オウンドメディアでブログを良いブログを書き続ければ、着実にアクセス数は伸びていきます。

協会集客の軸となるオウンドメディアとは?5つのポイント」という記事でオウンドメディアの全体像と集客するためのポイントを詳しく解説しています。合わせてお読みいただき、オウンドメディアについての理解をさらに深めていただければと思います。

4. 検索キーワードからニーズを把握する

検索されるブログを作りためには、検索キーワードをもとにブログを書いていくことが重要です。

検索ワードは、お客様(検索ユーザー)が知りたいと思っている内容そのものです。「知りたい」と思ったことをお客様は検索します。

そのため、検索キーワードを把握することで、お客様がどのような情報を求めているのか知ることができるので、そのキーワード沿ってブログを書いていけば、お客様に満足してもらえるブログが出来上がります。

4-1. ブログはキーワード選定から始まる

一般的なブログは、自分の書きたいことをただ書いていくだけのものが多いですが、そうではなく、検索ユーザー視点に立って、検索ユーザーが求めている内容を提供することで、検索上位表示される理想的なブログに仕上がっていきます。

キーワード選定は、Googleが無料で提供している「キーワードプランナー」というツールを使ってやります。

スクリーンショット 2016-04-04 18.58.42

検索キーワードと、それに対しての月間検索ボリューム数が表示されますが、検索ボリューム数を調べることで、そのキーワードの需要がどれくらいあるかということがわかります。 

検索ボリューム数が多いキーワードほど、その情報を求めている人が多いということなので、ブログ記事の内容が良ければ、多くの拡散を生み、結果的に検索上位表示されるようになっていきます。

例えば、この記事は「ブログ 書き方 コツ」という検索キーワードをもとに、「アクセスが集まるブログ書き方コツ【5ヶ条】」というタイトルで執筆しており、検索ボリューム数は月間「260」です。

「協会のはじめて」で執筆しているブログ記事は全て、検索キーワードをもとに執筆しています。1つひとつ丁寧に検索キーワードをもとに記事を書いていくことで、検索してもらえる記事が増えていき、サイト全体のアクセス数も伸びていきます。

5. ためになる記事を書く

すでにこの記事の中で何度も触れていることですが、検索ユーザーにとって有益でためになるブログ記事を書いていくことが、アクセス数を上げるために1番重要なポイントになります。

ためになる記事を書いていくときに、「出し惜しみをしない」ということを心がけましょう。

出し惜しみをしないで全てを提供することで、検索ユーザーとの信頼関係を築くことができます。

そして、ブログで築いた信頼関係によって、その後、商品やサービスを購入してくれるようになりるのです。

6. SNSで拡散する

検索ユーザーにとって、本当にためになるブログを書くことでそれが評価されて、検索上位表示されるようになります。

検索上位表示されるようになれば、毎月安定して大きなアクセスを集めることができるのですが、検索されるのを待つのではなく、自分から情報を提供していくことも重要です。

ブログの記事を書いたら、それをSNSを使って世の中に発信していきましょう。そして、FacebookやTwitterなど、すでにアカウントをお持ちであれば、そのアカウントを存分に使って、世の中に発信していくと良いでしょう。

SNSに頼り切った集客はアクセス数に限界があり、先細りの集客になってしまいますが、書いたブログ記事を拡散するという利用方法で、効率良くアクセス数を伸ばすためにSNSを使う分には、非常に効果的です。

ブログ(オウンドメディア)で書いた記事をSNS(アーンドメディア)で拡散していくように、各メディアの使い分けが効率良くアクセス数を上げるコツとなります。

ブログやSNSなど、各種メディアの使い分けに関して「協会の集客に1番適しているトリプルメディア戦略とは?」という記事で詳しく解説していますので、合わせて参考にしてください。

7. まとめ

アクセス数を上げるためのブログの書き方のコツは以上ですが、やることが多いと感じた方もいると思います。

今までとブログの書き方が全く違うので、一回読んだだけでは理解できなかったかもしれないので、ぜひ何回もお読みいただいて、じっくり理解していただければと思います。

アクセス数を上げるための本質は、「お客様のためなるブログ記事を書く」ということです。

この点だけしっかりと抑えておけば、今回の内容もより理解できると思いますし、アクセスが集まるブログを運営できるようになっていきます。

協会総研
吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

サンプル

 

協会とはどんな組織でしょうか? 協会と聞いて、どんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、「協会ビジネスとはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会ビジネスのポイント、いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

☆ 無料ダウンロードはこちら ☆





メールアドレス (必須)

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン「受講生LOVE・協会LOVE」を配信させていただきます。

配信頻度: 週1回程度
受講生LOVE: 受講生のために協会を運営すること。
協会LOVE: 受講生に支持・共感される協会になること。
協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。

コメント (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です