協会の専門家が伝える情報サイト
協会総研

人気のブログを作成するために抑えるべき2つのこと

人気のブログを作成するために抑えるべき2つのこと

ビジネスでブログを活用している方も多いと思います。

ブログには、無料で利用できるブログもあれば、お金を払って利用するブログもあり、一言でブログといっても様々です。

そんな、ブログを運営していて誰もが直面する壁は「アクセスが集まらない」ということではないでしょうか?集客のためにブログを書いているけれど、そもそもアクセスが集まらないという悩みが良くあります。

その反面、月間のアクセス数が数十万、数百万という、一般的には考えられないアクセス数を集めているブログもあることは事実です。

では、アクセスが集まる人気のブログと、そうでないブログにはどういった差があるのでしょうか?

ここでは、アクセスが集まる人気のブログを作成するために最低限抑えるべき3つのことを紹介します。

1. 無料ブログは利用しない

まず、ブログには大きく分けて「有料ブログ」と「無料ブログ」の2種類があります。

有料ブログについては後ほど詳しく紹介しますが、簡単に言うと、レンタルサーバーを借りて、独自ドメイン下で運営するブログです。サーバーレンタル料と、ドメイン利用料がかかります。

一方、無料ブログはサーバーレンタル料やドメイン利用料などの、ブログ開設費用や維持費用がかからないブログで、サイバーエージェントの「アメブロ」やlivedoorの「livedoorblog」など、企業が無料で提供しているブログサービスを利用できるものです。

無料で利用できるなら大いに活用したいところですが、無料ブログは運営上の制約が多く、ビジネスには向いていません。

1-1. 無料ブログの3つの落とし穴

では、無料ブログにはどのような制約があり、どのような落とし穴があるのでしょうか?1つひとつ確認していきます。

① いつアカウントを削除されるかわからない

無料ブログは、サービスを提供している企業のブログ利用規約にのっとって運営をしなければなりません。ブログを開設する際に「利用規約に同意する」にチェックすると、ブログの利用ができます。

その利用規約に違反するような記事を投稿したりブログの使い方をすると、記事削除やアカウント停止の対象になってしまいます

利用規約をよく見て、それにのっとって運営している人はごく稀だと思います。基本的には利用規約など読まないでブログを運営しているのではないでしょうか?

良かれと思って貼ったURLが規約違反の対象になってしまい、アカウントが停止になってしまうこともよくあります。

それまでは順調に集客できていても、ちょっとしたきっかけで一発アウトになってしまうと、一気にビジネスが危うくなってしまいます。

② 企業の都合に左右される

無料ブログは、企業が無料で提供しているサービスですので、企業の運営方針が変わるとそれに左右されてしまいます。

例えば、サイバーエージェントがブログ事業を展開するメリットがなくなったらアメブロのサービスを終了してしまいます。その瞬間、今まで積み重ねてきたブログは一瞬にしてなくなってしまいます。

また、企業の都合で勝手に広告を掲載されてしまうこともあります。できるだけ目立つ場所に広告を掲載したいので、読む人や運営する側から見れば、それが目障りになることもあります。

それらの広告収入はもちろん企業のものになります。企業側もビジネスでブログサービスを提供しているということを知っておくと良いでしょう。

③ そもそも検索されない

近年のウェブ業界の傾向として、無料ブログはそもそも検索されないようになってきました。

無料ブログを使って好き勝手やる悪質なアカウントが乱立したため、無料ブログ自体がGoogleに嫌われるようになってしまいました。Googleから嫌われてペナルティを受けると、検索圏外に飛ばされてしまいます。

世界の検索エンジンのほとんどのシェアを握っているのはGoogleですし、日本でシェア2位のYahooもGoogleの検索エンジンシステムを採用しているので、「Googleに嫌われる=検索されない」と言っても過言ではありません。

このような傾向は今後さらに加速することが予測されます。できるだけ早めに無料ブログから卒業して、次に解説する有料ブログの運営を始めることをおすすめします。

2. 有料ブログを利用する

有料ブログとは、自分(自社)でサーバーを借りて、独自ドメイン下で運営するブログのことで、サーバーレンタル料とドメイン利用料を払って運営します。

そのようなブログは自社で運営管理をすることから「オウンドメディア(owndmedia)」と呼ばれています。

今後、ブログで集客をするなどビシネスで使うのであれば、オウンドメディアでのブログ運営が最低条件になります。

サーバーレンタル料は年間で6,000円程度で、ドメインも安ければ年間100円程度で利用できるものもあります。

アクセスが集まるブログを運営できるようになることを考えれば、決して高くはない投資ではないでしょうか。

2-1. オウンドメディアでブログを運営する3つのメリット

オウンドメディアでブログを運営するメリットは、同時に、無料ブログの落とし穴の解決にもつながります。1つひとつ確認していきましょう。

① アカウントを削除されることはない

オウンドメディアの運営者は自分自身なので、自分がアカウントを削除しない限りなくなることはありません。利用規約もないので、自由にリンクを貼ったり、商品やサービスを紹介することもできます。

② 自由にカスタマイズできる

無料ブログは、サービスを提供している企業の都合で広告を貼られてしまったり、デザインを決められたりしてしまいますが、自社で運営するブログは、好きなところに広告を貼れますし、独自でバナーを貼って商品を紹介することもできます。

ウェブデザインの知識を身につければ、より見られやすくするための導線設計もできるので、効率良くブログを運営することもできます。

③ 良い記事を書けば書くほど検索される

近年特に、Googleはウェブサイトのコンテンツの内容を重視する方針で検索エンジンをアップデートしています。かつては被リンク数が多いブログが検索上位表示される傾向にありましたが、現在は、何よりもコンテンツの内容が重視されるようになってきました。

つまり、ブログ記事の内容が有益で良質なほど、Googleに評価されるようになってきているということです。

そして、良い記事がたまればたまるほど、「このブログは有益なブログだ」という判断をしてもらえるようになり、ブログ全体の底上げになり、検索上位表示されやすくなります。

底上げされたブログに、継続して良い内容のブログを公開し続ければ、検索される入り口も多くなり、相乗効果でブログのアクセス数が伸びていき、人気のブログへと成長していきます。

今までは難しいSEO対策をしなければ検索上位表示されることはなかったのですが、現在は良い記事を書けば検索上位表示される、非常にシンプルで誰にでも対策できるようになったのです。

 

4. まとめ

良くも悪くもコンテンツの内容が評価されるようになったきた今、個人が運営するブログでも数十万という大きなアクセスを集めることも可能になりましたし、そのようなケースも非常に多くなってきました。

人気のブログを作成するためには、まずはアクセス数を伸ばしていく必要があります。

そのためには、他人の管理下にある無料ブログを使うのではなくて、自分で運営管理できるオウンドメディアでブログを運営していきましょう。

それが結果的に自分の商品の販売につながっていき、ビジネスの発展にもつながっていきます。

協会総研
吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

サンプル

 

協会とはどんな組織でしょうか? 協会と聞いて、どんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、「協会ビジネスとはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会ビジネスのポイント、いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

☆ 無料ダウンロードはこちら ☆





メールアドレス (必須)

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン「受講生LOVE・協会LOVE」を配信させていただきます。

配信頻度: 週1回程度
受講生LOVE: 受講生のために協会を運営すること。
協会LOVE: 受講生に支持・共感される協会になること。
協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。