協会の専門家が伝える情報サイト
協会総研

協会のファンを増やすためのブログの作り方7つの原則

協会のファンを増やすためのブログの作り方7つの原則

ブログを使ったマーケティングが注目を集めており、大きな成果を上げている企業やブロガーと言われる人が増えているようです。

そして、自社や協会のファンを増やすためには、ブログはとても有効に使えます。

しかし、なかなか思うような結果を出すことができずに、ブログマーケティングを諦めてしまっている企業や個人の方も多いと思います。

結論を言ってしまうと、ブログで成果を出すためには「型」があり、型を守ってブログの運営をすればアクセスが集まり、ファンも増えていきます。

成果が出ないブログというのは、独自のやり方でやってしまっているため読者からも検索エンジン(Google)からも評価してもらえません。

ここでは、ファンを増やすためのブログの作り方を7つの型に沿って紹介します。

1. ブログ運営に目的をもつ

まず初めに必ず確認しておきたいことは、「ブログを運営する目的を明確にする」ということです。

目的をしっかりと設定しなければ、何のためにブログを書き続けているのかわからなくなってしまいます。

成果も出ず、なんとなく書き続けるのは生産性もありませんしメリットもありません。

「協会のファンになってもらう」
「講座に集客できるようにする」
「見込み客リストを獲得する」
「広告収入を得る」

など、目的はさまざまです。

数人でチームを組んで運営をしていくのであれば、全員が目的を確認できるようにしっかりと打ち合わせをして、共有をできるようにしましょう。

2. 目的に適した内容にする

ブログの内容はしっかりと統一性をもたせて意味のある内容を書いていきましょう。

例えば、今読んでいただいている「協会のはじめて」は、『協会の専門家が執筆する設立から運営までの情報サイト』というブログの理念をもって運営をしています。

そのため、協会に関する内容はもちろん、協会の講座に集客するためのマーケティングについてや、商標登録について、確定申告についてなど、協会に関することを幅広くカバーしています。

なので、「表参道で人気のお店」のような記事を書いても、協会について知りたい人は読まないですし、「協会のはじめて」のファンになってくれることはありません。

「表参道で人気のお店」のような記事を書きたかったら、別のブログを立ち上げて連載すれば良いのです。

このようなミスをしないように、ブログを立ち上げる前にブログで主に取り扱う分野やカテゴリーを決めておきましょう。

もし、あなたの協会のファンを増やすためにブログを作るのであれば、あなたの協会の専門性を生かした内容のブログを運営すると良いでしょう。

3. 読み手の役に立つ内容にする

現状にあるほとんどブログができていないことですが、大前提として、読み手にとって役に立つ内容でなければ、アクセスは増えないしファンも増えません

あなたも、商品の特徴を書いているだけの内容や、社員の日記になっているブログを見たことがあると思います。

一生懸命ブログを書いているとしても、誰にも読んでもらえなかったらその時間はムダになってしまいます。

例えば、ブライダル関連の企業がブログを運営するのであれば、商品やサービスを紹介するのではなく、「ウエディングドレスとブーケの相性と基本デザイン9選」というような、読者にとって役に立つ内容のブログを更新していきましょう。

4. 読みやすい書き方にする

たとえ、読み手の役に立つ内容のブログを書いたとしても、読んでもらえるとは限りません。

内容が良くても、改行も画像もなく、ただ書き連ねているだけの記事だとしたら、読もうとは思わないと思います。

4-1. 相手が読みやすい書き方

では、読みやすい書き方を3つ紹介します。

箇条書き形式:
ポイントを箇条書きにしていく書き方

ステップ・バイ・ステップ形式:
やり方をステップ・バイ・ステップで解説する書き方

まとめ形式:
ウェブ上の役に立つ情報をまとめて紹介する書き方

このような書き方をすることによって、読み手が流れるように読むことができて、ストレスを感じなくなるので、読み手に好まれます。

5. Googleに好かれる書き方にする

ブログのアクセスは大きく分けて、

「ソーシャルメディアからのアクセス」

「検索からのアクセス」

の2種類があります。

ブログ記事がソーシャルメディアで拡散されれば多くのアクセスが見込めますが、それは一過性のアクセスに過ぎません。

安定したアクセスを集めるためには、「検索からのアクセス」を増やしていく必要があります。

つまり、検索上位表示させる必要があるのですが、その検索エンジンはGoogleのシステムで動いています。

つまり、Googleに好かれるブログを書けば検索上位表示されるし、Googleに嫌われてしまえば検索されることはなくなるということです。

5-1. Googleに好かれる3つのポイント

Googleが好むブログの書き方の3つのポイントを紹介します。

Googleは文章を好む:
現段階では、Googleは動画や画像よりも文章を好む傾向にあるようです。ブログの文章をなるべくたくさん書くように心がけると、上位表示されやすくなります。

Googleは適切なフォーマットを好む:
HTMLやCSSなどのコードも検索エンジンの評価対象となります。そのため、ブログの内部構造は余計なカスタマイズをせず、シンプルな構造を保つようにしましょう。

Googleは新鮮さを好む:
Googleは新鮮なブログを好みます。なので定期的に記事を更新していくようにしましょう。

6. ブログ記事を拡散する

ホームページやブログを立ち上げた人が勘違いしがちなのですが、ホームページやブログを立ち上げたら勝手にアクセスが集まるわけではありません。

店舗を開いたときにチラシなどの宣伝をするように、ブログを書いたことを宣伝する必要があります。

宣伝方法としては、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用して、まずはお友達やフォロワーに読んでもらいましょう。

もし、ブログ記事の内容が良ければ、お友達やフォロワーが拡散してくれます。それの繰り返しでお友達やフォロワーが増えていき、ソーシャルメディアからのアクセスも拡大します。

ありがたいことに、ソーシャルメディアは無料で使えるので、使えるものは大いに使って、よりたくさん宣伝できるようにしましょう。

7. ブログのデザイン性を意識する

ブログの内容が良ければ、それで良いわけではありません。ブログを訪れた人は、無意識にデザインを見ており、潜在的に読みやすいブログか、読みにくいブログかの判断をしています。

いくら内容が良くてもデザインが悪かったら、すぐに「閉じる」をクリックされてしまいます。

7-1. ブログに重要な10の要素

  • 検索ボックス
  • パンくずリスト
  • すべてのページに最小クリックで到達できるような構造
  • 画像
  • 最良のブログ記事を目に留まるところに置く
  • 内部リンクを増やしすぎない
  • 広告の位置を注意深く選定する
  • コメントを奨励する
  • シェアボタンを置く
  • 表示速度を早くする

ブログを運営する上で、これらの10の要素は必ずデザインに盛り込みましょう。また、これらの要素を盛り込めるプラットホームでブログを運営するようにしましょう。

まとめ

以上、7つのポイントをお伝えしました。

7つとも大事な要素ですが、特に重要な項目は「3. 読み手の役に立つ内容にする」という項目です。

Googleに好かれる書き方をするのも、デザイン性に気をつけるのも、読み手に役に立つ情報を的確に届けるために行うことです。

読み手に満足してもらえれば、結果的にファンになり、協会の講座に参加してくれるようになります。

ぜひ、今回の7つの原則に気をつけながら、読み手のために最善を尽くしたブログを運営していきましょう。

blog-kakikata

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

サンプル

 

協会とはどんな組織でしょうか? 協会と聞いて、どんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、「協会ビジネスとはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会ビジネスのポイント、いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

☆ 無料ダウンロードはこちら ☆





メールアドレス (必須)

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン「受講生LOVE・協会LOVE」を配信させていただきます。

配信頻度: 週1回程度
受講生LOVE: 受講生のために協会を運営すること。
協会LOVE: 受講生に支持・共感される協会になること。
協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です