「好き」を「協会」にする

スクリーンショット 2017-10-26 15.07.04

自分の好きなことなら、熱中して情熱も捧げられると思います。そのために必要な知識であれば、どんどん吸収できます。

ただし、単に「好き」でありさえすれば起業はうまくいく、というわけではありません。好きなことを趣味やボランティアでやっていくことと、「仕事」にするのでは、違ってきます。

たとえば、雑貨やインテリアが好きで詳しいからといって、雑貨店をうまく切り盛りできるとは限りません。店の経営の知識が必要です。

子どもが大好きだからといって、ベビーシッター事業を始めて、スタッフを教育し、束ねていけるとは限りません。

万が一、スタッフがお客さんとトラブルになったときには、クレーム対応をしなければならず、そのノウハウも必要になります。

パソコンを操作するのが好きで、ネットワークやプログラムの経験があるといっても、パソコン教室の運営に向いているかどうかは別問題です。教室にどうやって人を集めるのか、やりたくないチラシ配りなどもしなくてはならないこともあります。

つまり、「好き」+「仕事のスキル」が必要ということです。

でも、「好き」の部分は喜んで学習できるけれども、「仕事のスキル」を学習するのは大変そう。ちょっと面倒に感じ、ついつい後回しにしてしまう、ということがあると思います。

そこで、「好き」を「協会」にするということをお勧めします。

  • 「協会」は、作り方に一定のパターンがあるので経営の知識は少なくても大丈夫です
  • 「協会」は、会員の方々と相思相愛の関係を作っていくものなので、クレームが起きません
  • 「協会」は「好き」がダイレクトにそのままマーケティングにつながるので、やりたいマーケティングすればいい

マーケティングのために、やりたくないことをいやいややる、ということもありません。

「会社」は、理屈で運営します。

「協会」は、心で運営します。

 

協会総研

吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?
協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会とはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、

いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

サンプル

スクリーンショット 2017-10-26 15.07.04

ABOUTこの記事をかいた人

吉岡岳彦

『協会のはじめて』では、一般社団法人の知識から協会の運営方法まで、結果を出してきたノウハウや勘所を包み隠さずに提供しています。