協会の専門家が伝える情報サイト
協会総研

ホームページのアクセス数を上げるための対策まとめ

ホームページのアクセス数を上げるための対策まとめ

高いお金をかけて業者に依頼してHPを作ったけど、なかなかアクセス数が上がらないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ホームページ自体はキレイなデザインだし、講座の内容も自信があるから、あとは集客さえ出来ればというケースもよくあります。ビジネスを発展させるためには、まずは集客をしなければ始まりません。

とは言っても、難しいSEO対策はできないし、Facebookで宣伝するしか方法を知らないという方も多いとおもいます。

ですが、実はホームページのアクセス数を上げるための対策は、決して難しいことではありません。

ここでは、ホームページのアクセス数を上げるための最新の対策の大事な要点をまとめて紹介します。

1. ホームページは作って終わりではない(重要!)

まず、ホームページというのは、立ち上げたからといってアクセスが集まるわけではありません。また、いくらデザインをキレイにしても、写真にこだわっても、それがアクセスに直結するわけではありません。

その辺を勘違いしてしまっている人も多いのですが、ホームページを立ち上げてから、いかにアクセスを集めるかが重要であり、そのための対策をできる限りやっていく必要があります。

逆にアクセスが多いホームページを運営しいている会社や協会、個人事業主はホームページにアクセスを集めるための対策を入念にやって、ホームページ集客を成功しているのです。

もちろん来たアクセスに対して、しっかりと商品やサービスの紹介をするためのページをキレイにデザインしておくことも大切です。

ですが、優先事項は、ホームページにアクセスを集める対策をすることです。ホームページは立ち上げてからが勝負なのです。

2. アクセス数を上げるための対策

では、ここからホームページのアクセス数を上げる対策を紹介していきます。

2-1. コンテンツを充実させる

近年、Webマーケティングの世界では「コンテンツ is King」という言葉が広まってきています。まだ一般的にはさほど認知されていない言葉ですが、Web業界では知らない人はいない言葉です。

その「コンテンツ is King」ですが、その言葉の通り、コンテンツが王様であり一番重要であるという意味です。

コンテンツとは、文章、画像、動画、音声など、言ってしまえばホームページを構成する要素全てと言っても過言ではありません。

文章をキレイにまとめるとか、こだわった画像を利用するとか、惹きつける動画を作成するなど、ホームページのコンテンツを充実させましょう。

ポイントは、「このページを見たユーザーは満足してくれるか?」ということを常に考えることです。

ただ単に、量でコンテンツを充実させるのではなく、内容もしっかりと充実させましょう。

2-2. 検索キーワード対策をする

ホームページを探してもらう方法の1つとして、検索から来てもらう方法があります。

これもかなり重要な対策なのですが、ユーザーは、GoogleやYahooの検索窓に自分が知りたい“検索キーワード”を入力して、サイトを探します。その際にホームページが検索に引っかかるように検索キーワードを意識した対策を行いましょう。

検索キーワード対策としては、

  • 検索キーワードを意識したページのタイトルをつける
  • 検索キーワードを意識した内容のページにする
  • 検索キーワードを随所に使う

という3つが大きく挙げられます。

例えば、今お読みいただいているこの記事は「ホームページ アクセス数」という検索キーワードに対して書いている記事なので、「ホームページアクセス数を上げるための対策まとめ」というタイトルにしています。

「ホームページ アクセス数」という検索キーワードが入っていることがお分かりかと思います。

内容も、ホームページのアクセス数を上げるための方法を解説しているものとなっており、キーワードも随所に使用しています。

このように検索キーワードの対策をすることで、純粋な検索からのアクセスを見込めるようになります。

ホームページのアクセス数を上げる対策として、まずは、

  • コンテンツを充実させる
  • 検索キーワード対策をする

という2点を必須条件としてやっていきましょう。

3. トリプルメディアを活用する

先ほど挙げた対策は、どちらかというとホームページ自体を改善するための対策でしたが、それとは別に外部のメディアと連携をしてアクセス数アップを狙っていきましょう。

外部との連携はトリプルメディアを活用すると、より効率良くアクセス数アップが見込めます。

トリプルメディアとは

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア

の3つのメディアを総称した言葉であり、近年その活用方法が注目されている最新のメディア活用法です。

3-1. コンテンツサイトを運営する(オウンドメディア)

ホームページは自分(自社)で運営しているので、代表的なオウンドメディアです。

近年は、いわゆるホームページだけでなく、「コンテンツサイト」の運営が主流になっています。なにか1つの分野に特化した情報をブログ記事として世の中に提供していくサイトです。

例えば、今お読みいただいている「協会のはじめて」もコンテンツサイトです。

コンテンツサイトも、もちろん「コンテンツを充実させる」「検索キーワード対策をする」というアクセス数を上げるための対策をします。

いわゆるホームページではアクセス数を上げる対策は適度にしておいて、コンテンツサイトでアクセス数を上げるための対策を存分に施していきます。

協会総研でも、ホームページとコンテンツサイトの使い分けをしています。

ホームページとして「協会ビジネスガイド
コンテンツサイトとして「協会のはじめて

の2種類を運営しております。

「協会のはじめて(コンテンツサイト)」に集まったアクセスを「協会ビジネスガイド(HP)」に流していけるような導線を作ることで、より大きなアクセス数を集めることが可能となりました。

オウンドメディア

オウンドメディアについては「協会集客の軸となるオウンドメディアとは?5つのポイント」という記事で効果的な活用法や運営方法を解説しているので、そちらをお読みいただくと、より理解が深まります。

3-2. SNSを使う(アーンドメディア)

SNSは、それだけでは集客のツールとして効率良く使えませんが、オウンドメディアと連携した使い方であれば効果的です。

ホームページの紹介や、コンテンツサイトの記事の紹介をするときに、SNSで広めていきましょう。

3-3. 広告を使う(ペイドメディア)

ホームページをPPC広告やバナー広告で宣伝して、アクセスを集める方法もあります。

しかし、広告は一定以上の金額を投じないと効果が出にくい面もあり、また、その効果も薄れてきている背景があります。また、いくら金額を投じても資産として残らないという悩みも生まれます。

広告の使い方としては、直接商品を紹介するためというよりも、コンテンツサイトの記事に広告をかけて、コンテンツサイトを世の中に知ってもらう使い方が良いでしょう。

トリプルメディアの活用方法については「協会の集客に一番適しているトリプルメディア戦略とは?」という記事で詳しく紹介しているので、合わせて読むとより理解が深まるので、ぜひお読みください

4. まとめ

ホームページは作ってからが勝負です。アクセス数を上げるための対策をやっていかなければなりません。

特に、「コンテンツを充実させる」「検索キーワード対策をする」という2点はオウンドメディア(ホームページとコンテンツサイト)を運営する上で非常に重要なポイントです。

今あるホームページではしっかりと対策ができているか?今一度確認していただき、できる対策からやっていきましょう。

協会総研
吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

サンプル

 

協会とはどんな組織でしょうか? 協会と聞いて、どんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、「協会ビジネスとはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会ビジネスのポイント、いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

☆ 無料ダウンロードはこちら ☆





メールアドレス (必須)

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン「受講生LOVE・協会LOVE」を配信させていただきます。

配信頻度: 週1回程度
受講生LOVE: 受講生のために協会を運営すること。
協会LOVE: 受講生に支持・共感される協会になること。
協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。