協会の専門家が伝える情報サイト
協会総研

協会の理事長がリーダーシップをとるための3つのポイント

協会の理事長がリーダーシップをとるには?

協会の理事長は、その組織のトップになります。会社の社長と同じ立場の存在です。

従って、いつもリーダーシップが求められます。

協会をどのような組織に導きたいのか?それを可能にするのが、リーダーシップです。

理事長に求められるリーダーシップとは、どのようなものでしょうか?ここでは、協会の理事長がリーダーシップをとるための3つのポイントを紹介します。

1. リーダーシップとは

一般的にリーダーシップを考えてみると、

  • チームをまとめて引っ張る力
  • 率先して行動する力
  • チームの意見をまとめ、明確な指示をする力
  • 人格者で、模範になる力
  • 個々の能力を最大限に発揮させる調整力

などが挙げられます。

どれも正しくも思えるかもしれません。リーダーシップの明確な定義はありません。

定義がないゆえ、おおよそ自分が今までに見てきたリーダーの行動が、そのままリーダーシップのあり方に思えてしまうかもしれません。

2. ドラッカーのリーダーシップの定義

マーケティングやマネジメントというものを発明したと言われる、かのピーター・ドラッカーは、『現代の経営』の中で「リーダーシップ」を次のように記しています。

「リーダーシップとは、人を引きつけることではない。そのようなものは煽動的資質にすぎない。仲間をつくり、人に影響を与えることでもない。そのようなものはセールスマンシップにすぎない」

また、ドラッカーは『プロフェッショナルの条件』の中で、次のように記しています。

「リーダーシップとは、組織の使命を考え抜き、それを目に見える形で明確に確立することである。リーダーとは目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である」。

「リーダーたることの第一の要件は、リーダーシップを仕事と見ることである」

2-1. リーダーシップはカリスマ性ではない

以前は、リーダーシップは「カリスマ性や人を惹きつける能力」で、「一部の人が持つ特別な能力」のように思われていました。

しかしながら、現代ではその考えが改められました。

リーダーシップというのは、誰にでも身につけることが可能であり、発揮できる能力になります。

2-2. リーダーシップは誰でもできる

偉大な名だたる経営者も、最初からリーダーシップを持っていたのではありません。

生まれ育った環境や人との関わりの中で育んでいくものです。

仕事で失敗と成功を重ね、多くの経験を積む中で、リーダーシップを身につけてきました。

3. 理事長と社長のリーダーシップの違い

協会の理事長は、その組織のトップになります。会社の社長と同じ立場の存在です。

ところが、「協会」と「会社」の運営は、“似て非なるもの”です。今までいくつものコラムで話してきました。

協会をより良く運営していくには、「理念」に全うする理事長がいます。「理念」を遂行する理事やスタッフがいます。そして、「理念」を大切にする受講生の集まりで構成されています。

協会の運営では、理念が中心にあることが、大事になります。

一方で、企業の運営でも、理念を大切にすることは、とても大事なことです。

しかしながら、企業の本質は、「利益を追求」することでもあります。経営という視点からすれば、理念を全うすることだけを考えるのではなく、やはり利益を上げることを優先することにあります。利益が上げることで社会に役立ち、その利益を株主に還元することで、また新しい活動が可能になります。

従いまして、理事長のリーダーシップとは、経営よりも理念を追求することを念頭に置いて、受講生(会員)を導くことになります。

経営における強いメッセージや営業中心の考え方では、協会のスタッフ、および受講生がまとまりにくくなります。

3-1. 理事長のリーダーシップは理念追求で磨かれる

理事長が理念を全うすると、「理念追求型」の人間になっていきます。

日々、理念を口にしていいると、そこに人が集まります。同じ方向を見据えて歩んでいく人が集まります。

そうすることで、協会が大きくなっていきます。

理事長自身も、理念に共感し、感動している受講生を目の当たりにすることで、自ずと利益よりも「理念」に価値を感じられるようになります。

このように、理念が中心にある協会づくりをすることで、「首尾一貫」した考え方が生まれます。つまり、「自分軸」が固まってくる、ということです。

自分軸がしっかりとしているということは、リーダーにとって必要な要素であります。

そのような理事長のリーダーシップに、自分軸の備わった受講生が集まるようなコミュニティは、理念を重視した強固な組織となります。

さらに、それだけではなく、理事長自身がもっと高みに持ち上げてもらえるような力を生み出すことになります。

3-2. 理事長の心持ちの変化

精神的なしんどさが少ないのも、協会の魅力の一つです。

売上中心の企業にいると、いつも数字に追われ、疲弊します。

協会の理事長というのは、いつも受講生のことを考えていて、いつも受講生が良くなる応援をしているので、精神的に追い詰められるようなことが起きにくくなります。

4. まとめ

「マネジメントとは物事を正しく行うことであり、リーダーシップとは正しいことを行うことである」と、ドラッカーは言います。

理事長のリーダーシップは、理念に沿った正しいことを行うことで、スタッフや受講生を巻き込んでいくと良いでしょう。

協会ビジネスは、コミュニティビジネスでもあります。

ワンマンなリーダーシップよりも、受講生目線で、かつ2割先を歩んでいくような、そんなリーダー像が求められます。

理念に忠実は生き方を選び、それに全う数rことで、自らがさらに磨かれます。

良い協会のリーダーになって、多くの人を素敵な方へと導いてください。

協会総研
吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

サンプル

 

協会とはどんな組織でしょうか? 協会と聞いて、どんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、「協会ビジネスとはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会ビジネスのポイント、いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

☆ 無料ダウンロードはこちら ☆





メールアドレス (必須)

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン「受講生LOVE・協会LOVE」を配信させていただきます。

配信頻度: 週1回程度
受講生LOVE: 受講生のために協会を運営すること。
協会LOVE: 受講生に支持・共感される協会になること。
協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。

コメント (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です