協会の専門家が伝える情報サイト
協会総研

集客できるブログとは?5つのポイントを徹底解説

集客できるブログとは

協会の集客にブログを使うことが多いとおもいます。

ブログといっても、アメブロやlivedoorblogなどの無料で使えるサービスもあれば、自社でサーバーを借りて運営する本格的なブログもありますが、何を使って、どのように記事を書いていけばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか?

また、理事長さんは、そのブランド力によって多くのファンがいたとしても、お弟子さんや認定講師の方たちがブログで集客できるかと言ったら、そうではないことが多くあります。

協会総研でも、これまで多くの協会をみてきましたが「アメブロで集客できるのは理事長だけで、認定講師たちは集客ができない」というご相談をいただくことが多いです。

協会を発展させるためには講座に受講生を集める必要があります。そのためには、集客できるブログの運営が必要不可欠になります。

ここでは、集客できるブログの基本的な作り方を解説していきます。

もし、集客でお困りであれば、ぜひ、じっくりと読み進めていただきたいと思います。

無料ブログでは集客できない!

現在、いわゆるブログを配信できるサービスがたくさんあり、アメブロやlivedoorblogなど、無料で利用できるサービスもあります。

無料で手軽に利用できるため、集客のツールとして、ブログを活用している協会や会社も多いですが、近年、無料ブログがGoogleの検索上位表示されなくなってきており、アクセスが急激に下がっている無料ブログがたくさんあります。

その理由は、Googleが無料ブログを評価しない方針になっており、今まで検索されていたブログも軒並み検索圏外に飛ばされているという背景があります。

詳しくは、「協会の集客に無料のブログをおすすめしない3つの理由」という記事で解説しているので、この記事ではこれ以上深堀はしませんが、無料ブログでは集客ができないということを念頭に置いておいて続きを読み進めてください。

1. コンテンツ is King

近年、Webマーケティングの世界では、「コンテンツ is King」という言葉が主流となっています。

その言葉の通りコンテンツが最も重要視されるような世の中になっており、良くも悪くもコンテンツ自体が評価されるようになってきたのです。

コンテンツが良ければユーザーにもGoogleにも評価されて、ブログ集客で結果を出すことができますが、コンテンツが悪ければブログ集客で結果を出すことができないのです。

シンプルに「良いコンテンツ」を提供していけば、結果が出る世の中になったということです。

また、ブログ集客におけるコンテンツとは「ブログ記事の内容」になります。基本的には文章(テキスト)ですが、画像や動画も、もちろんコンテンツです。

ブログに投稿する記事の内容全てがコンテンツとなるので、文章も画像も動画も、良いコンテンツにするために準備をしなければいけません。

1-1. Googleが評価するブログとは?

検索上位表示されて、集客できるブログを運営するためには、Googleから良い評価をもらう必要があります。

かつては、アメブロやlivedoorblog、So-netブログなどの無料ブログが検索で上位表示されていたのですが、2013年夏頃のGoogleのアップデードを皮切りに、無料ブログの評価が下がってきてしまい、2015年の秋から年末にかけて、その影響がより顕著になりました。

その背景には、Googleがより、良いコンテンツを評価するようになったということと、Googleの検索エンジンの技術の進歩で、質が悪いサイトやブログを表示させないように進化したことが挙げられます。

つまり、繰り返しになりますが、シンプルに「良いコンテンツ」を提供していけば、結果が出る世の中になったということです。

1-2. 検索ユーザーの質も高くなってきている

また、情報過多な時代になった今、情報を求めているユーザー(見込み客)の情報を受け取る質が高くなってきているのです。

かつては、受け取れる情報が少なかったため、自分のところに来た情報を鵜呑みに受け取るしかなかったのですが、

特にSNSを通じて様々なブログ記事が拡散されるようになり、ユーザーはより多くの情報に直接触れる機会が多くなったことで、ユーザー自身が必要な情報と不要な情報を判断できるようになりました。

これの意味するところは、質が悪いブログは直ぐに「閉じる」を押されてしまい、中身をしっかりと読まれなくなったということです。

逆に、有益で質が良いブログはSNSで拡散されて、より多くのアクセスを生むことができるようになったのです。

「コンテンツ is King」の概念は、集客できるブログを運営する上で非常に重要なので、何度も読んで、しっかりと落とし込んでいただきたいと思います。

2. 集客できるブログの書き方とは?

では実際に、集客できるブログの書き方について話を進めていきたいと思います。これから話をするブログの書き方を徹底していただければ、今まででは考えられないほど多くのアクセスを集まることができるようになります・

2-1. 良質な記事(コンテンツ)が大前提 ポイント①

何度も繰り返しになるが、集客できるブログを運営するためには、良質な記事を書くことが絶対条件となります。

良質な記事だからこそ、検索したユーザーに評価され、Googleにも評価されます。そのブログ記事を読んだ人に満足してもらえるように、ブログを書いていきましょう。

2-2. 検索キーワードに対して記事(コンテンツ)を書く ポイント②

集客できるブログを運営するための重要なポイントの1つに「検索キーワードに対して記事を書く」という点があります。

検索キーワードとは、Webで何かを調べたいときに検索窓に入力するキーワードのことです。

ブログを書くときは、自分が書きたい内容を自由に書いていたと思います。しかし、それでは自分本位のブログになってしまい、検索ユーザーが知りたい内容を提供できていない可能性があります。

しかし、検索キーワードを調べることで、検索ユーザー(見込み客)がどんな内容の記事を求めているかを把握することができます。

例えば、当サイト「協会のはじめて」で一番人気の記事は「一般社団法人の設立費用はいくらかかるのか?」という記事ですが、この記事は「一般社団法人 設立費用」という検索キーワードを基に、そのキーワードで検索した人が満足してもらえるように、記事を書いていきました。

他にも「協会のはじめて」では、協会に関する検索キーワードを基にして、検索ユーザーのニーズを把握した上で、記事を執筆しています。

検索キーワードはGoogleのキーワードプランナーを利用することで、簡単に調べることができます。検索キーワードに対して月間の検索ボリューム数を知ることができるため、そのキーワードの需要がどれくらいあるか?ということを調べることができます。

2-3. ペルソナを設定する ポイント③

検索キーワードでどのようなブログ記事を書くか大体のめどがたったら、「そのキーワードで検索する人はどんな人か?」ということを明確にしていきます。

そこで重要になってくるのが、「ペルソナ」の設定です。

ペルソナ:理想の顧客の人物像

ペルソナは、「どのようなことに困っていて、なぜそのキーワードで検索して、どのような解決策を求めているのか。」ということを具体的にすることで、検索キーワードに対してどのようなブログ記事を書いていけば良いか明確になっていきます。

今までのように、自分が書きたいことを書いていたブログではなく、検索キーワードに対してペルソナを設定してブログを書いていくことで、ユーザーのニーズに応えることができることをお分かり頂けると思います。

ペルソナが実在してイメージできるのであれば、その方をイメージしてブログを書いていけば良いですが、もしいなければ、

  • 年齢
  • 性別
  • 職種
  • 所得
  • 世帯規模
  • 学歴
  • 住んでる所
  • 趣味…etc

というような項目を参考に、より明確にイメージできるようにペルソナ設定していきましょう。

2-4. 記事(コンテンツ)の大枠を作る ポイント④

ペルソナまで明確になったら、次は記事の大枠を作っていきましょう。

今まではブログ記事を書く際に全体的な大枠を作るということはしていなかったと思いますが、集客できるブログを運営するためには、ブログ記事の構成もとても重要なポイントになります。

大枠の構成をする際には、

  • タイトル:
  • 問題提起:
  • 本文(記事で伝えたいこと):
  • 結論:

という項目を設定して、プログ記事を構成していきましょう。

2-5. 記事(コンテンツ)を作り込んでいく ポイント⑤

ここまでやってから、はじめて記事を作り込んでいきます。

軽くおさらいすると、

  1. 検索キーワードを調べる
  2. ペルソナを設定する
  3. 記事の大枠を作る

という手順がありました。

ここまで、ものすごく大変な作業に思いがちですが、逆にここまで丁寧に設定すれば、記事を作るのが非常に楽になります。

そして、ここまでしっかりと手順を踏むことで、より質の良いコンテンツを提供することができるので、結果的に協会の講座に集客できるようになるのです。

また「ここまでやった」という事実により、世の中に自信を持ってブログ記事を提供することができるようになるでしょう。

3. ブログの出口を明確にする

ここまで、検索ユーザー(見込み客)に満足してもらうためのブログの書き方を紹介していきましたが、ここで終わってしまうと、集客ができるブログとは言えません。

協会に問い合わせてもらう
メルマガを購読してもらう
講座にお申し込みをしてもらう

というような行動を起こしてもらえるような仕組みを作る必要があります。

  • 無料プレゼントを用意して、それをダウンロードする引き換えに、メールアドレスを登録してもらう。
  • 講座に関するバナーをサイドバーに貼って、クリックしてもらう。

というようにブログにアクセスしていただいた方の出口を明確にすることで、はじめて集客できるブログになります。

もちろん、無料プレゼントで配布するPDFや動画などの資料もコンテンツです。ダウンロードする人が満足するようにしっかりと無料プレゼントを用意しましょう。

また、このように無料プレゼント配布するためのフォームを用意したり、講座のバナーを貼ったりするのは、無料ブログではカスタマイズが難しいので、サイトを自由にカスタマイズできる「オウンドメディア」でブログを運営しなければなりません。

無料ブログでは集客できないというのは、そういったブログの出口を明確にできないというウィークポイントもあるのです。

協会集客の軸となるオウンドメディアとは?5つのポイント」という記事の合わせてお読みください。ブログ集客の全体像を把握できて、より理解を深めていただけます。

4. まとめ

ここまで読んで、「やることがたくさんあって大変だな」と感じたかもしれません。ですが、本質は「検索ユーザー(見込み客)の視点に立って、満足して喜んでいただけるブログを書く」ことです。

満足していただけるコンテンツを提供すれば、アクセスも集まり、講座に集客もできます。そしてそれが、協会の発展にもつながります。

ぜひ、今回の記事を何回も読んでいただいて、集客できるブログを運営していっていただければと思います。

協会総研
吉村司 吉岡岳彦 blog-kakikata

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

サンプル

 

協会とはどんな組織でしょうか? 協会と聞いて、どんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、「協会ビジネスとはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会ビジネスのポイント、いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

☆ 無料ダウンロードはこちら ☆





メールアドレス (必須)

PDFをダウンロードしていただいた方に協会総研発行メールマガジン「受講生LOVE・協会LOVE」を配信させていただきます。

配信頻度: 週1回程度
受講生LOVE: 受講生のために協会を運営すること。
協会LOVE: 受講生に支持・共感される協会になること。
協会を作ったり、資格講座を作ったりすることに関心のある方のためのメールマガジンです。