協会で独立するメリット|協会をつくる魅力をわかりやすく解説します(協会事業編)

協会をつくり、活動していく。そこで得られる喜びは はかり知れません。ビジネスで成功するのとは違う魅力があります。

ここでは、事業として魅力、および社会起業家としての魅力の2つの面から、わかりやすく解説していきます。

協会事業の魅力

協会事業は、ビジネスのひとつのあり方です。協会とビジネスは似て非なるものですが、大きなくくりのなかでは、ビジネスに分類されます。

ビジネスの4原則

堀江貴文さんが提唱してる《 ビジネスの4原則 》があります。

1.小資本で始める

2.在庫をできるだけもたない

3.利益率が高い

4.定期的な収入が見込める

 

《 ビジネスの4原則 》を私の経験も踏まえて解説します。

1.小資本で始める

はじめからお金をかけないようにして、かつ、ランニング・コストのかからないビジネスモデルを構築するといいです。

2.在庫をできるだけもたない

在庫を抱えるビジネスはしないほうがいいです。在庫に振り回されます。

在庫は資産です。売り上げもつくるためには、在庫が必要になります。けれども、それは同時に、売れなければ負債になってしまいます。販売ロスは、利益率が下げ、お金が回らなくなる恐れがあります。

3.利益率が高い

利幅の大きなサービスを開発するといいです。利益をあげて、余裕のある経営を目指すことが大切です。

薄利多売のサービスというのは、一見すると、お客さんにやさしいようです。しかし、利幅の少ない事業によって、本来の目的を見失うことがあります。

たくさんの利益を上げたら、それをサービスに、あるいは、社会に還元すればいいです。

4.定期的な収入が見込める

サブスクリプション・モデルのような継続課金のできる仕組みを開発するといいです。

サービスが持続的であることは経営を安定にもたらします。そしてお客さんにとっても、サービスがつづくことに意味があります。

 

協会事業は ビジネスの4原則 を満たしている

協会事業は、《 ビジネスの4原則 》を満たしています。

 

1.小資本で始める

協会をはじめるにあたっては、初期費用は最小限で始められます。

協会の公式ホームページの制作費さえ確保できれば、(自分でサイトを構築できれば、コストは限りなく抑えられる)あとは理事長さんの知識やスキルを資格講座に落としていくことで、協会が立ち上がります。

一緒に活動していく理事には、協会として利益が出た際に分配していけばいので、人件費も抑えられます。

限りなくリスクがゼロで活動できるのが、協会事業です。

 

2.在庫をできるだけもたない

立ち上げ時の協会の資産というのは、言ってみれば、理事長さんの頭の中身だけです。理事長さんがこれまでに培ってきた知識やスキルです。

この知識やスキルを体系化して、資格講座や検定試験に加工したものが、協会でいう在庫です。つまり、知的財産なので、実質の在庫ではありません。

限りなくリスクがゼロで活動できるのが、協会事業です。

 

3.利益率が高い

経営状態のいい協会h、粗利が高いです。7割以上のところも多いです。ひとり協会の検定事業をしている理事長さんは、9割以上を維持している人もいます。

協会の資格講座や検定試験は、つくってしまえば、再現性あるサービスとなります。集客さえ滞らなければ、無尽蔵に収益になります。

限りなくコストがゼロで活動できるのが、協会事業です。

 

4.定期的な収入が見込める

協会のキャッシュ・ポイントとしては、世の中に見えるのは、おもに受講料や検定料になります。

じつはそれ以外にも、年会費や更新料というサブスクリプション・モデル(継続課金システム)の収益があります。

この継続課金の方法については、会員さんとってはセンシティブな集金方法になるため工夫が必要になりますが、持続的な収益モデルを構築しやすのが、協会事業になります。

 

社会起業家としての魅力

若者を中心に、社会起業家を目指す人が増えています。

思いをカタチにする

協会は、あなたの思いをカタチにして成り立っています。人それぞれが違うように、思いはさまざまです。

興味のあることや好きなことをベースに、そこにあるギャップを是正する活動をする、というあり方は、協会らしいあり方と言えます。

競合はいない

思いをカタチにする独立、起業というのは、ライバルのいないカテゴリーやポジションで事業を展開できることに等しくなります。限りなくリスクがゼロで活動できます。

 

まとめ

 

協会事業は、《 ビジネスの4原則 》を満たしています。

1.小資本で始める

2.在庫をできるだけもたない

3.利益率が高い

4.定期的な収入が見込める

かつ、社会性ある事業モデルになります。

ビジネスにも興味ある。社会起業家としても名乗りたい。その両方を兼ね備えた協会事業は、類まれな機会と言えます。

さらに今は、これまでの協会モデルの成功ポイント、および失敗ポイントのデータが揃っています。

以上が、協会をつくり、活動していくメリットになります。これから大いに楽しみな業界です。

 

シュテルン・クリエイティブ・スタジオ
吉岡岳彦