協会

愛される講座を作るには

資格講座を作るときは、「先生になるつもりの人が先生になる方法を学ぶ」

そういうものだと思い込んでいる人が少なくありませんが、実はこれは誤りです。

そうではなく、「先生になるつもりのない人が受けているうちに先生をしてみたくなる」ように作るのが正解です。

細かいテクニックはともかく、講座の性格としてはそのほうがよいです。そういう講座は会員さんに愛され、会員さんの記憶に残ります。

「先生になるつもりのない人が受けているうちに先生をしてみたくなるように作るというのは、難しくないですか?」とよく聞かれます。

それは当然です。良い講座が、そう簡単に作れるわけはありません。いろいろ試行錯誤を重ね、改良に改良を加え、できていくものです。

協会総研で毎月開催している『理事長養成講座』では、3日間の集中日程のうち、2日目の午後に「資格講座の作り方」の伝授があります。

資格講座を作るポイントが全部で15個あります。受講生の「感情」を考えながら組み立てていく方法を学んでいただきます。

 

協会総研

吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?
協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会とはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、

いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

“協会が気になりだしたら最初に読む本"

 

吉岡岳彦

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『協会のはじめて』では、一般社団法人の知識から協会の運営方法まで、結果を出してきたノウハウや勘所を包み隠さずに提供しています。

関連記事

  1. 協会の運営方法は誰も教えてくれない
  2. 協会は認定講師をつくらないほうがいい理由とは
  3. 協会とは何ですか?
  4. チャリンチャリンはある?ない?
  5. 美しい協会とは? 立ち上げから正しく運営するためのすべて
  6. 協会の「会員」とは誰のこと?
  7. コミュニティを用意しよう
  8. 「あなたは誰ですか?」と聞かれたときに
PAGE TOP