協会

理事にも種類がある

協会の役員は、ふつう「理事」という名称になります。株式会社でいう「取締役」に該当します。

株式会社の場合、トップは「代表取締役」という肩書を持ちます。協会の場合は、トップは「代表理事」となります。

代表理事は、世間的には「理事長」と呼ばれることが多いですが、法律上は「代表理事」が正式です。

株式会社では、取締役のなかで代表取締役以外にとくに重要な人がいる場合、「専務取締役」「常務取締役」という肩書を与えることがあります。

協会の場合でも同様に、代表理事のほかに、理事のなかでとくに重要な人には、「専務理事」「常務理事」という肩書を与えることができます。

ちなみに、専務理事と常務理事のどちらが上かというと、一般的には「専務理事>常務理事」となります。

 

協会総研

吉村司 吉岡岳彦

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?
協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会とはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、

いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

吉岡岳彦

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『協会のはじめて』では、一般社団法人の知識から協会の運営方法まで、結果を出してきたノウハウや勘所を包み隠さずに提供しています。

関連記事

  1. 協会の運営方法は誰も教えてくれない
  2. 協会スタートアップ講座(協会設立セミナー)
  3. 協会は認定講師をつくらないほうがいい理由とは
  4. 協会とは何ですか?
  5. チャリンチャリンはある?ない?
  6. 美しい協会とは? 立ち上げから正しく運営するためのすべて
  7. 協会の「会員」とは誰のこと?
  8. コミュニティを用意しよう
PAGE TOP