協会スタートアップ講座(協会設立セミナー)

 

『協会スタートアップ講座』は、協会スタートアップ  (起業)したい将来の理事長さんのための本格的な講座です。

 

私たち協会総研は、世界初の「協会」を専門とする研究機関(シンクタンク)になります。

協会についてのさまざまなデータや知識をもとに、協会をスタートアップさせたい未来の理事長さんや、すでに協会を運営している理事長さん、もしくは事務局長さんのための支援を行なっています。

 

私たちの周りには、協会のことを教えてくれるコンサルティング会社があります。あるいは、ウェブ制作会社が協会のマーケティングの指導をしてくれるところもあります。また、法人設立を専門とする行政書士事務所が、協会の運営方法までアドバイスするところもあります。クライアントさんの問い合わせや要望に応えるため、協会の設立や運営のアドバイスをしています。

しかし彼らの話を伺うと、ずいぶん誤っていることに気づきます。理事長さんを誤った方向に導いてしまっています。ハッキリ言うと、今まで一人とて正しい方向に理事長さんを導いているコンサルタントや士業の先生に出会ったことがありません。

これは、一つに無理もない話でもあります。ほとんどのコンサルタントや士業の先生たちは、会社の設立や運営の専門家です。これまでの経験から、会社と同じようにアドバイスしています。ところが、それが間違えているわけです。

協会には独特の舵取りが求められます。
本来、会社とは正反対のアドバイスが必要になります。

このことを知っている先生は、私たちのところで学んだ先生以外ではいらっしゃらないでしょう。協会を数多く設立したことをウリにしている行政書士の先生でも、会社と協会の運営の違いを正確には答えられないでしょう。理事長さんと会員さんがどのように心を通わしていくのかのノウハウや知識、そしてそのバランスの取り方を、十分にわかってはいないでしょう。おそらく、そういうことは先生方は、得意ではないと思います。本来、得意でないことは教えられないと思います。

けれども、コンサルタントや先生という職種は、自分が「知らない」とは思ってないので(仮に、知らないことがあっても、顔色ひとつ変えずに、知っているフリをします)、あたかも知っているかのようにアドバイスしています。間違えていることにも気づけていません。

クライアントさんは、それがとても弊害になるのですが、知る由もありません。先生がそう言うので、素直に従うまでです。

 

一方、特定のスタイルを、例えば、認定講師型の協会(「協会ビジネス」と呼ばれるスタイル)やビッグデータ型の協会などの、その会社が推奨する事業モデルだけを専門に教えているところもあります。

しかし、はじめからその型を求めている人ならば、それはそれで良いのですが、協会は一型ではありません。型ありきで協会の事業モデルを構築してしまうと、後になってほころびが生じます。一型だけしか教えないのは、決して十分で正確なアドバイスとは言えません。

実際、私たちのところには、慌てて認定講師型の協会を立ち上げたものの、すぐに立ち行かなくなってしまい、相談に訪れるケースが多々あります。理事長さんが描いていた「協会」が創る美しい世界とはまったくかけ離れた実態に困惑し、抜本改革のアドバイスをしてほしいと言うのです。

協会には、必ず、あなたにあった方法があります。そうやって悩まれる理事長さんであれば、まさに協会が向いています。

様々な角度から鑑みて、協会は会社やビジネスのように運営しないほうがいいです。いや、してはいけないと私たちは考えています。

 

私たちは、認定講師型の協会(協会ビジネス)は広義の意味では協会の枠に入れていますが、狭義の意味では協会と考えていません。「協会」という名前のついた企業のビジネスモデルの一つだと考えています。

協会総研調べでは、この感覚は多くの一般の人が感じる感覚と同じようです。多くの人は、「ビジネス、ビジネスした協会は嫌だな」という感覚があるようです。

協会はビジネスを優先させるものではなく、「理念」を優先させるものです。ビジネスを優先させるのであれば、株式会社で行うほうがいいです。純粋に学びたい、集いたい、という人たちに誤解を与えます。

協会は、「○○が好き」という同じ価値観の人が集まる集団です。一つの理念に向かって、みんなで成長しながら歩んでいく団体です。「お金が好き」「ビジネスが好き」な人は、協会ではなく、会社をつくって利益を目指されることをおすすめします。

 

ここでは、そんな協会のスタートアップに必要な知識やスキル、勘所を理解していただきます。

毎月開催している『協会講座<構築編> 1DAY講座』でお伝えしている極めて重要な内容をご紹介します。しっかり読み込んでいただければ幸いです

協会総研

 

『協会スタートアップ講座』とは?

 

『協会スタートアップ講座』は、協会でスタートアップ(起業)したい未来の輝かしい理事長さんのための本格的な講座になります。

正しくは、『協会講座<構築編> 1DAY講座』と言います。

協会の全体像が分かり、進むべく方向がわかります。協会を計画し、立ち上げるまでに必要な知識を養っていただきます。

カリキュラムは次の通りです。

『協会講座<構築編> 1DAY講座』カリキュラム

(午前の部)

  •  協会の基礎知識
  •  協会のしくみ

(午後の部)

  •  協会の事業モデル
  •  協会を作る手順
  •  登記のしくみ
  •  理事会の作りかた
  •  事務局の作りかた
  •  理事長の心得
  •  コンサルティング

 

『協会講座<構築編> 1 DAY講座』は、10:00 ー 18:00(お昼休み1時間)の7時間で行います。丸1日かけて、協会のスタートアップに必要なポイントをすべて学びます。

では、さらに詳しく見ていきましょう。

 

協会の基礎知識

ここでは、

・ 協会をつくると どんないいことがあるのか?

・ 協会をつくるとは どんなステキなことなのか?

・ 協会の理事長とは どんな存在なのか?

・ 自分のしていることが 協会の向いているか?

・ 協会になったら 自分がどう変わるか? 

の答えが学べます。

 

協会を作る本質的な意味とは?【3つの視点から探る】

2016.02.17

人気のある協会とは?4つのメリットと7つのよくある質問

2016.01.28

 

協会のしくみ

この科目では、協会や資格講座の全体像が見えてきます。協会事業のしくみを習得できます。

・ 法人の形態

・ 協会の枠組み

・ 事業モデル

・ 講座設計、資格設計

・ 制度設計

・ コミュニティ

・ マーケティングとブランディング

おおよそ、ここまでで午前の講義が終了となります。途中、ホワイトボードを使って、協会の全体像を描きます。理事長の心持ちにも触れます。とてもボリュームのある講義になります。

この午前中の講義だけでも、非常に価値のある時間と高く評価されています。

 

 

協会の事業モデル

協会の事業モデルは、7型あります。

私たちが、通常、ビジネスモデルに触れるときには、「新規性」というポイントは外せません。新しさの感じないビジネスモデルには、興味がわかないものです。人は新しさにワクワクします。

ところが、協会の事業モデルには、「新規性」は必要ではありません。協会はブームで行うものでなく、理念で運営するからです。

また、あまり複雑な事業モデルを組んでも、一般の人たちにはなかなかピンと来ないものです。むしろ、「私には関係ない」と思われてしまうこともあります。

したがって、協会の事業モデルは、例えば「資格講座型」ならば、純粋に「ソムリエ型」のスタイルで運営すればよいです。

 

協会の設立方法|正しく立ち上げるための7つの型とは?

2016.02.02

 

協会を作る手順

活動までの主なベンチマークは、

・ 設立趣意書の作成

・ ウェブサイトの製作

・ テキストの作成(資格講座型の場合のみ)

この3つは、協会のスタートアップに不可欠です。特に、一つ目の「設立趣意書」の作成は、大切です。

しかしながら、世の中の協会向けにコンサルティングしている人たちからは、この設立趣意書の作成をすすめる声を一度も聞いたことはありません。

設立趣意書は、協会の仲間(理事やスタッフ)を集める際にも、会員を集める際にも、大いに活躍する資料になります。丁寧につくってください。

 

なお上記に加え、スタートアップに着手してからの6か月間の一例をご紹介します。

1か月目:設立趣意書の原案をつくる

2か月目:協力者に説明する

3か月目:設立趣意書を完成させる(協会の青写真ができる)

4か月目:情報発信の準備をする 最初の講座の会場を予約する

5か月目:ウェブサイトが完成する

6か月目:テキストが完成する 最初の講座がスタートする

 

人気の協会の作り方【13の方法と1つのメンタリティ】

2016.02.09

 

登記のしくみ

私たちは、協会をつくるにあたっては、必ずしも法人成りをすすめてはいません。協会が大きくなるまでは、はじめは任意団体(個人事業主)で立ち上げて、然るべくタイミングで法人成りにすれば良いと考えています。

しかしながら、法人にするメリットもあります。その一番は、信用です。個人よりも、法人のほうが社会的に信用があります。

では、その法人登記を検討する際に、どの法人形態で協会を設立したら良いか?ということになりますが、私たちは一般社団法人」をおすすめしています。

 

一般社団法人とは?|ポイント解説とQ&Aのすべて

2016.04.27

 

理事会の作り方

協会をつくるにあたっては、はじめは一人でも構いません。しかし、いつかは理事が3人くらいになると、格好がつきます。別の言い方をすると、理事が3人いると、個人で立ち上げた協会ではなく、しっかり感が出てきます。

実は、このしっかり感が大切なポイントで、ちょっと安いものを買うのと違って、協会の会員になるという行為は、少なからず、人生の何割かをその協会の委ねる気持ちがあるため、決断のときの大きな決定要因になります。

それゆえ、理事が3人集まれば、「理事会」をしましょう。協会の理念を共有したり、ビジョンを確認したり、マーケティングなどの戦略を立てましょう。

 

協会の理事の仕事とは?【3つのポイントを徹底解説】

2016.02.16

一般社団法人の理事とは?理事に関する9の項目と3の関連事項

2016.01.20

 

事務局の作り方

協会を運営する上で、なくてはならない機関が「事務局」です。そして、とても大事な機関です。

協会が大きく育てば、会員さんが直接接するのは、事務局の人たちです。すなわちそれは、事務局の対応が協会の善し悪しの判断材料になってしまうということです。

 

一般社団法人(協会)の事務局の役割とは?|7つの視点から解説します

2016.03.09

 

理事長の心得

「理事長さんの仕事はなんですか?」の問いの答えは、「理事長さんは理念を語ること」です。理念100%の人間になることです。

はじめのうちは、理念100%になることは難しいかもしれませんが、いつも理念を話すようにしていると、自ずとそちらに寄っていきます。やがて、理念100%の人になれることでしょう。

 

協会の理事長が摂るリーダーシップの意味とは?

2016.04.30

理念とは?|協会が理念を大切にする7つの理由

2016.03.18

協会の理事長の仕事とは?【2つの視点から探る】

2016.02.20

 

スクリーンショット 2018-07-23 15.25.32

『協会講座<構築編> 1 DAY講座』のテキストです。

 

協会をつくるとは、どういうことなのか?

 

協会をつくる意味は、「理念」にあります。協会で一番大切なものは、理念です。

 

協会は会社やビジネスのようにやってはいけない

 

協会は会社のように運営してはいけません。ビジネスがしたいならば、協会でなく、会社をつくったほうがいいです。協会は会社のような営業に向いていません。

 

まとめ

 

私たち協会総研の理念は、「美しい協会が 美しい社会を創る」です。

世の中にステキな協会がたくさんできることで、きっといい世の中ができるであろうと願い、信じています。そして私たちは、そうであることを証明するために活動しています。

協会総研は、美しい社会を実現したいという思いの理事長さんで構成される集団であることを約束します。同時に、この理念に共感してくれるたくさんの人たちのために努力していきたいと考えています。

 

協会総研

吉村司 吉岡岳彦

 

 

=====================================

 

『協会講座<構築編> 1DAY講座』

のお申し込みはこちらです。

 

スクリーンショット 2018-05-30 15.02.41

 

 

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?
協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、

「協会とはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、

いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

サンプル

ABOUTこの記事をかいた人

吉岡岳彦

『協会のはじめて』では、一般社団法人の知識から協会の運営方法まで、結果を出してきたノウハウや勘所を包み隠さずに提供しています。