セミナー

協会スタートアップ講座(協会設立セミナー)

「協会を立ち上げたもののうまく回っていない。どうしたらいいものか?」
「行政書士の先生に協会のことを尋ねたが、一般社団法人設立の仕方までしか知らなかった」
「行政書士の先生に理念の話をしたら、あまり興味を示してもらえなかった」
「コンサルタントのアドバイス通り運営したものの、思い描く協会像とは違うものになって困っている」

そんな経験のある方にピッタリの講座です。問題を解決できる講座です。

ご自身で協会を立ち上げられる方は、この『協会のはじめて』にある様々な記事をよく読んでいただき、つくってください。これまでのビジネスの経験を生かして協会の運営ができそうな人は、ステキな協会をつくってください。ぜひチャレンジしてみてください。

たくさんの美しい協会ができれば、きっと美しい社会になると思います。そうなることを楽しみにしています。

ただいっぽうでは、前述ように「相談してみたけれどもうまく立ち行かない。どうしたらいいのだろう?」あるいは、「協会をつくりたいと思っているけれども、自分だけではどうしていいかわからない」とお困りの人がいたら、そのときは私たちの出番というか、役回りなのだと思っています。

士業の先生には考えが及ばない、経営コンサルタントには想像できない、協会特有の運営方法やマーケティング、勘所があります。その話をできる人は
私たちしかいないと思っています。誰よりも協会のことを考えて、誰よりも協会の事例を見てきて、誰よりもアドバイスやサポートをしてきた経験があるので、お力になれると思っています。さまざまな関わりでアドバイスやサポートができますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

協会には独特の舵取りが求められます。本来、会社とは正反対のアドバイスが必要になります。

このことを知っている先生は、ほとんどいません。協会を数多く設立したことをウリにしている行政書士の先生でも、会社と協会の運営の違いを正確には答えられません。理事長さんと会員さんがどのように心を通わしていくのかのノウハウや知識、そしてそのバランスの取り方を、十分にわかってはいません。おそらく、そういうソフト面は、得意ではないと思います。

また、特定のスタイルを、例えば、認定講師型の協会(「協会ビジネス」と呼ばれるスタイル)やビッグデータ型の協会などの、その会社が推奨する事業モデルだけを専門に教えているところもあります。

しかし、はじめからその型を求めている人ならば、それはそれで良いのですが、協会は一型ではありません。型ありきで協会の事業モデルを構築してしまうと、後になってほころびが生じます。一型だけしか教えないのは、決して十分で正確なアドバイスとは言えません。

協会は会社やビジネスのように運営しないほうがいい

協会は会社やビジネスのように運営しないほうがいいです。いや、してはいけないと私たちは考えています。

私たちは、認定講師型の協会(協会ビジネス)は広義の意味では協会の枠に入れていますが、狭義の意味では協会と考えていません。「協会」という名前のついた会社が運営するビジネスモデルの一つだと考えています。

協会総研調べでは、この感覚は多くの一般の人が感じる感覚と同じようです。多くの人は、「ビジネス、ビジネスした協会は嫌だな」という感覚があるようです。

協会はビジネスを優先させるものではなく、「理念」を優先させるものだからです。

ビジネスを優先させるのであれば、株式会社で行うほうがいいです。純粋に学びたい、集いたい、という人たちに誤解を与えます。ビジネスを強いることになります。お金が優先されてしまいます。

協会は、「○○が好き」という同じ価値観の人が集まる集団です。一つの理念に向かって、みんなで成長しながら歩んでいく団体です。「お金が好き」「ビジネスが好き」な人は、協会ではなく、会社をつくって利益を目指されることをおすすめします。

この講座では、そんな協会のスタートアップに必要な知識やスキル、勘所を理解していただきます。協会スタートアップ講座』とは?

『協会スタートアップ講座』は、協会でスタートアップ(起業)したい未来の輝かしい理事長さんのための本格的な講座になります。

協会の全体像が分かり、進むべく方向がわかります。協会を計画し、立ち上げるまでに必要な知識を養っていただきます。

カリキュラムは次の通りです。

『協会スタートアップ講座』カリキュラム

  •  協会の基礎知識
  •  協会の事業モデル
  •  協会をつくる手順
  •  協会と会社の違い
  •  資格講座のつくり方
  •  協会のマーケティング 

『協会スタートアップ講座』は、14:00 ー 18:00(4時間)の講座になります。少人数制の講座です。では、さらに詳しく見ていきましょう。

協会の基礎知識

ここでは、

・ 協会をつくると どんないいことがあるのか?
・ 協会の理事長とは どんな存在なのか?
・ 自分のしていることが 協会の向いているか?
・ 協会になったら 自分がどう変わるか? 

の答えが学べます。

協会の事業モデル

私たちが、通常ビジネスモデルに触れるときには、「新奇性」というポイントは外せません。新しさの感じないビジネスモデルには、興味がわかないものです。人は新しさにワクワクします。

ところが、協会の事業モデルには、「新奇性」は必要ではありません。協会はブームで行うものでなく、理念で運営するからです。また、あまり複雑な事業モデルを組んでも、一般の人たちにはなかなかピンと来ないものです。むしろ、「私には関係ない」と思われてしまうこともあります。

したがって、協会の事業モデルは、例えば「資格講座型」ならば、純粋に「ソムリエ型」のスタイルで運営すればよいです。

協会をつくる手順

活動までの主なベンチマークは、

・ 設立趣意書の作成
・ ウェブサイトの製作
・ テキストの作成(資格講座型の場合のみ)

この3つは、協会のスタートアップに不可欠です。特に、一つ目の「設立趣意書」の作成は、大切です。しかしながら、世の中の協会向けにコンサルティングしている人たちからは、この設立趣意書の作成をすすめる声を一度も聞いたことはありません。設立趣意書は、協会の仲間(理事やスタッフ)を集める際にも、会員を集める際にも、大いに活躍する資料になります。丁寧につくってください。

なお上記に加え、スタートアップに着手してからの6か月間の一例をご紹介します。

1か月目: 設立趣意書の原案をつくる
2か月目: 協力者に説明する
3か月目: 設立趣意書を完成させる(協会の青写真ができる)
4か月目: 情報発信の準備をする 最初の講座の会場を予約する
5か月目: ウェブサイトが完成する
6か月目: テキストが完成する 最初の講座がスタートする

資格講座のつくり方

ここでは、ソムリエ型(直営型)の資格講座のつくり方を紹介します。

冒頭でも書きましたが、私たちは認定講師型(フランチャイズ型、協会ビジネス)の認定講座はおすすめしていません。会員さんたちが純粋に学べ、活動できる資格講座のつくり方をお伝えしています。したがって、そもそも先生になるための道をつくらない講座を推奨しています。事例とともに解説します。

協会のマーケティング

会社と協会は違います。したがって、協会のマーケティング方法も違います。

ここでは一つだけ紹介しておきますが、協会ではメリットを訴求しません。とても意外に聞こえるかもしれませんが、協会では損得は訴求しないほうがいいです。ことことが腹落ちすると、協会運営の勘所がつかめます。協会運営の真髄でもあります。

協会をつくる意味は、「理念」にあります。協会で一番大切なものは、理念です。協会は会社やビジネスのように運営してはいけません。ビジネスがしたいならば、協会でなく、会社をつくったほうがいいです。協会は会社のような営業に向いていません。これを解説します。

まとめ

私たちの理念は、「美しい協会が 美しい社会を創る」です。世の中にステキな協会がたくさんできることで、きっといい世の中ができるであろうと願い、信じています。そして私たちは、そうであることを証明するために活動しています。

私たちは、美しい社会を実現したいという思いの理事長さんで構成される集団であることを約束します。同時に、この理念に共感してくれるたくさんの人たちのために努力していきたいと考えています。

 

日程

2019年3月21日(祝)14:00 〜 18:00
2019年3月24日(日)14:00 〜 18:00
2019年4月10日(水)14:00 〜 18:00
2019年4月23日(火)14:00 〜 18:00
2019年4月26日(金)14:00 〜 18:00
2019年5月24日(金)14:00 〜 18:00
2019年5月27日(月)14:00 〜 18:00

 

受講料

4万9,000円

※   お支払い方法は、銀行振込、またはクレジットカードになります。
※   銀行振込の方のみ、消費税はサービスさせていただきます。
※   クレジットカードのみ、分割可
※   お支払い後のご返金はできない旨、予めご了承ください。

※   2名様まで受講可能です。
※   少人数制で行います。定員になり次第、募集を終了します。

 

 

 

シュテルン・コンサルティング

吉岡岳彦

 

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?
協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、
「協会とはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、
いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

協会気になる本

 

吉岡岳彦

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『協会のはじめて』では、一般社団法人の知識から協会の運営方法まで、結果を出してきたノウハウや勘所を包み隠さずに提供しています。

関連記事

  1. 協会コンプリート・コース(オール・イン・ワン)
  2. 実践!セミナー集客モデル集中講座(3日間)
  3. 協会1年目の教科書(2日間講座)
  4. 【協会セミナー】協会運営の実務と手順、会員獲得戦略&アドバイス
  5. ユーザーをファンにするブログのポイント(無料セミナー)
  6. デザイン・カレッジについて【Design College】
  7. 完全自動集客システムを構築する6か月間のセミナー(コンテンツサイ…
  8. カッコいいウェブサイトを自分でつくるための6か月のセミナー

協会ルネサンス

 

ステップアップ研修&サポート

 

 

PAGE TOP