協会

ロゴはアイデンティティ【協会ルネサンス】

スタートアップは、かつては論理的な人たちのものでした。ところが、文化が多様化し、さまざまな環境が整うと、ビジネスの敷居が下がり、感性派の人たちもスタートアップし始めました。

ビジネスに対する価値観が広がりました。これまではビジネスは“事業”として捉えるものでしたが、昨今は自己実現や社会貢献が優先され、お金を稼ぐためにはたらくのではない、という人も増えてきました。

したがい、人が変われば、価値観も変わります。価値観の優先順位が変われば、視点も変わってきます。これまで論理的に整理された人がうまくいくように書かれた教科書しかなかったわけですが、興味やポイントが異なる視点をもつ感性の優れた人が増えたということは、そのぴったり合った教科書が存在しないわけです。

論理的に積み上げて解を導き出すこれまでのプロセスとは代わり、直感的な良さを求め、それを解にしていくアーティスト的なあり方は、それは当然、これまでのビジネスとは組み立て順も、組み立て方もまったく違ってくるわけです。従来通りの教科書では具合が悪くなっているのです。

協会のロゴとは

『協会の真実【協会ルネサンス】』で書いたように、ロゴやカラーにアイデンティティをもち、そこに命を宿すように意味づけをしていく。ストーリーを乗せていく。

理屈やセオリーを優先するだけではなく、そういう感性を起点にスタートアップしていくことが、今、求められています。

感性で違いを出す

感性派の人たちが抱くこれまでの“なんか違う”は、とても正しい感覚なので、その感覚を大事にされると良いです。その感覚は、あなたの世界観です。あなたが他との違いを生むものです。

そこから思いが生まれます。思いがカタチになります。あなたが新しい文化をつくるための大切な軸になります。

人や団体の数だけロゴがある

これは弊社シュテルのロゴです。たまに“マーライオン”と言われることがありますが、むしろ、“リッツ・カールトン”のほうが似ています。

ライオンを使うロゴはとても多いです。特に、イギリス系は多いです。

イングランド・プレミアリーグ(プロ・サッカー・リーグ)、HSBC(香港上海銀行)、イギリス国の紋章とか。

スペインの国旗にもあります。

海外のビールはかなりの割合で、ライオンをモチーフにしています。そして、よく舌が伸びています。

あとは、三越百貨店の入り口には、大きなライオンの像があります。

百獣の王ライオンはナンバー・ワンの証

百獣の王ライオンは生態系の頂点なので、ナンバーワン・ブランドを掲げているところは、あるいは目指すところは、ライオンをモチーフにしています。

ということで、弊社シュテルもそのライオンの力にあやかって、モチーフにしています。

そして、「協会ルネサンス」のロゴもライオンです。ライオンを使うだけで、そういったブランド力が増すわけです。

フォントにもアイデンティティがある

こういったことは、フォントでもあります。

協会ルネサンスのAssociation Renaissanceは、Futura(フーツラと読みます)を使っています。ルイ・ヴィトンのフォントです。

このフォントは、今、スタートアップ企業はこぞって使います。昔の、Helvetica(ヘルベチカと読みます)ブーム並みの空前のFutura(フーツラ)ブーム到来です。つまり、Futuraを使うことで、洗練した新しさのイメージが乗るわけです。

フォントはただの文字ではない

かつてスティーブ・ジョブズが、「ただの文字でしょ」と言った社員をクビにした話が有名ですが、(当時では無理もないと思いますが)クリエイトする仕事をしていて、ロゴの価値をわからないようだとちょっと残念ですし、これからのマーケッターも重要視しないといけないのです。

 

シュテルン・コンサルティング
吉岡岳彦

 

無料PDF|協会が気になりだしたら最初に読む本

協会とはどんな組織でしょうか?
協会と聞いてどんなイメージがするでしょうか?

本書では、協会総研に寄せられるよくある質問をもとに、
「協会とはなにか?」その本質を詳しく解説していきます。

実際の協会立ち上げ事例を通じて、協会事業のポイント、
いわゆる“勘所”をお伝えできればと思います。

協会気になる本

 

吉岡岳彦

吉岡岳彦

投稿者の記事一覧

『協会のはじめて』では、一般社団法人の知識から協会の運営方法まで、結果を出してきたノウハウや勘所を包み隠さずに提供しています。

関連記事

  1. 創業時がぐちゃぐちゃなスタートアップは あとで直せない【協会ルネ…
  2. 水平的進歩より、垂直的進歩を目指す
  3. 協会とはどのような組織か?協会の歴史と変遷|協会4.0の時代へ
  4. 資格講座のテキストは美しいほどいい【協会ルネサンス】
  5. グッズ、ノベルティに憧れる【協会ルネサンス】
  6. 協会ルネサンス|新しい時代の美しいあり方
  7. 協会の真実【協会ルネサンス】
  8. 協会の運営方法は誰も教えてくれない

協会ルネサンス

 

ステップアップ研修&サポート

 

 

PAGE TOP