サポート 180|6か月間の協会立ち上げサポート

『サポート 180』は、協会の立ち上げから運営方法のすべてがわかる180日(6か月間)のサポートになります。

zoomセッションを通じて、美しい協会のつくり方をアドバイスします。

はじめまして、吉岡岳彦です。協会の専門家として活動しています。

「協会」というのは、日本独特のものです。世界には、日本のような「協会」と同じスタイルのものはありません。会社でもない、スクールでもない、「協会」という、日本らしい団体になります。

協会っぽい人

つぎのような人は、この6か月間のプログラムをおすすめします。

<こんな人に向いているプログラム>

 協会を立ち上げようと思っているけれども、どうやったらいいかわからない方

 協会を立ち上げるにあたって、なにから始めたらいいのかわからない方

 お金よりも、理念を大切にしている方

 自分の知識やメソッドを広めて、社会をより良くしたい方

 人を導くことが好きな方

 人を育てることが好きな方

 自分の成長を感じたい方

 お勤めでない働きかたを考えている方

間違いだらけの協会運営

これまで400以上の協会(理事長さん)にアドバイスしてきました。

これまで美しい協会の教科書がなかった

これまでは、協会の設立や運営方法のスタンダードがありませんでした。そのため、多くの理事長さんのビジネスやコミュニティ運営のセンスでやっていることがわかりました。

センスで行動することはとても素晴らしいことですが、我流というのは「守・破・離」で示されるように、型を学んだ後に行わないといけません。(ここでいう型とは、ビジネスの型ではなく、協会の型を指します。)

そもそも協会運営の教え方が間違っている

一見、先生からアドバイスを仰ぐことはいいように思えますが、士業の先生やコンサルタントの先生が言うアドバイスを鵜呑みにした結果、間違えてしまうことがあります。というか、この間違いがとても多いのです。理由は、その先生たちは協会の専門家ではないからです。

士業の先生は、法律に則って会社を設立するプロフェッショナルです。コンサルタントの先生は、経営やマーケティングのプロフェッショナルです。そのどちらも、ビジネスのプロフェッショナルであって、協会のプロフェッショナルではないのです。

協会は会社と同じように運営すると、必ずうまく立ち行かなくなります。少し乱暴な言い方をすれば、協会は会社と真逆の発想で行わないといけません。

士業の先生やコンサルタントの先生は、会社の経営の仕方を教えてしまい、協会の運営方法を教えてくれません。協会運営の勘所は、そもそも知らないわけです。

協会とビジネスは違う

協会は少し特殊な面があります。顧客の集客と会員さんの集め方は、本質的にまったく違った思考法で、アプローチしないといけません。さもないと、先生たちが、協会の理事長さんを誤った方向へ導いてしまいます。

とくに、「協会ビジネス」、つまりフランチャイズ型のビジネスモデルに当てはめるようアドバイスされると、悲劇です。そこに落とし穴があります。

この『サポート 180』では、美しい協会を立ち上げて運営していくための珠玉のメソッドと本質を習得していただきます。

このプログラムで学べること

『サポート 180』のプログラムは以下のとおりです。テキスト『美しい協会の教科書』の中から、一部内容をご紹介します。

私たちは、協会の理事長さんを専門にサポートしてきました。これまでの実績や経験で培ったノウハウをメソッド化したのが、このプログラムになります。ほかでは聞けない協会事業を成功させるノウハウをお届けします。

協会の基礎知識

美しい協会(協会らしい協会)の定義

「共通の活動目的のため、会員が協力する組織」

協会らしい協会のキーワード

相思相愛、リスペクト→ブランディング、第2テニス部はない、協会と会社の違い、協会と個人事業との違い、会員と顧客の違い、クレームと叱咤激励、戦いと共存、利益と理念、仕事と活動、営利と非営利、協会に向いている事業、協会に向いていない事業

協会の成り立ち

協会の形態

 任意団体、株式会社、社団法人・NPO

協会のビジネスモデル

 業界団体型、検定試験型・講座型、マニア型

協会をつくる手順

活動開始までの主なベンチマークと期間

 設立趣意書の作成、ウェブサイトの作成、テキストの作成

理事会・事務局

理事の任期と決め方、選び方

事務局の主なタスク

名簿管理

経理・税金

基金(拠出金)とは

拠出金とは、社団法人をつくるとき、主たる人たちが基金を出し合う「拠出金」のこと。

出資と社員の区別(違う点)1人1票の原則
返還の有無

助成金と補助金

法人所得税と法人住民税

事業モデル

フランチャイズ型と直営型の違い

 

オオカミとヒツジ理論

夏祭り作戦

資格講座

会員のビフォア・アフター

協会のポジショニングの取りかた

受講料の相場

協会の講師とは

商標・著作権

費用

出願時印紙代:1区分の場合 12,000円
登録時印紙代:1区分の場合21,900円(5年)/37,600円(10年)
別途、特許事務所の報酬

41類:技芸・スポーツ又は知識の教授,資格の認定及び資格の付与,資格検定試験の企画・運営又は実施,セミナー・シンポジウム・会議・講演会・研修会・研究会の企画・手配・運営・開催及びこれらに関する情報の提供,映画の上映・制作又は 配給,オンラインによる映画・画像・映像の提供,映像の上映,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。)、興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),表彰式の企画・運営又は開催,賞の企画・運営又は開催及びこれらに関する情報の提供,書籍の制作,電子出版物の制作

商標に関するトラブル

テキスト作成時の引用のしかた

マーケティング

世界観とストーリーは コピーできない

分析的なスキル(サイエンス)よりも、芸術的で統合的なコンセプト(アート)が最先端経営の潮流

マーケティングとは

 

「マーケティングとは、価値を提案すること」(ピーター・ドラッカー)

「市場は顧客の頭の中にある」(フィリップ・コトラー)

「ビジネスの本質は、見込み客づくりにある。見込み客づくりに、すべてのお金と時間を投資せよ」(ダン・ケネディ)

ペルソナ マーケティング

USPマーケティング

会員集客

協会とメディア

協会の発信 三種の神器

協会コミュニティ成功の3原則

協会の禁句

コラボレーション

企業や自治体へのアプローチ方法

 

詳細

3つのタイプがあります。どのコースも1 on 1 アドバイスになります。

A) 協会スタートアップ講座(完全版)

   協会設立・運営の勘所をお伝えする2日間のレクチャー

 

B) 協会スタートアップ・コンサルティング

   協会設立・運営の適時アドバイスをする6か月のアドバイス

 

C) サポート 180

   協会設立・運営の勘所をお伝えする2日間のレクチャー&6か月のアドバイス

スケジュール

開催日時は、ご希望に合わせて調整させていただきますので、ご安心ください。

受講料

一括払いによる割引特典や、協会が軌道に乗るまでコストを抑えたい方向けの分割払いもご用意しました。詳しくは、ご相談ください。

A) 協会スタートアップ講座(完全版)コース

協会設立・運営の勘所をお伝えする2日間(5時間 x 2回 = 10時間)のレクチャー

36万円(税別)

一括払い:30万円(銀行振込/税込、 クレジットカード払い/税別)

分割払い:ご希望の回数(クレジットカード払い/税別)

※   お支払い方法は、銀行振込、またはクレジットカードになります。
※   銀行振込の方のみ、消費税はサービスさせていただきます。
※   クレジットカードのみ、分割可
※   お支払い後のご返金はできない旨、予めご了承ください。

※   3名様まで受講可能です。

B) 協会スタートアップ・コンサルティング・コース

協会設立・運営の適時アドバイスをする6か月のアドバイス

月2回(1時間 x 2回 x 5か月= 20時間)のセッションを基本とします。

※  当日の進行状況に応じて、お時間がオーバーすることもあります。

48万円(税別)

一括払い:40万円(銀行振込/税込、 クレジットカード払い/税別)

分割払い:ご希望の回数(クレジットカード払い/税別)

※   お支払い方法は、銀行振込、またはクレジットカードになります。
※   銀行振込の方のみ、消費税はサービスさせていただきます。
※   クレジットカードのみ、分割可
※   お支払い後のご返金はできない旨、予めご了承ください。

※   3名様まで受講可能です。

C) サポート 180

協会設立・運営の勘所をお伝えする2日間のレクチャー & 6か月のアドバイス(AとBを合わせたコース)

60万円(税別)

一括払い:54万円(銀行振込/税込、 クレジットカード払い/税別)

分割払い:ご希望の回数(クレジットカード払い/税別)

※   お支払い方法は、銀行振込、またはクレジットカードになります。
※   銀行振込の方のみ、消費税はサービスさせていただきます。
※   クレジットカードのみ、分割可
※   お支払い後のご返金はできない旨、予めご了承ください。

※   3名様まで受講可能です。

 

申込みはこちら

 

 

シュテルン・コンサルティング
吉岡岳彦