シュテルンについて

 
私たち STERN CREATIVE STUDIO(シュテルン・クリエイティブ・スタジオ)では、
 

 ☆  会員さんを大切にする協会

 ☆  協会を大事に思う会員さん

この相思相愛の関係を築き、育てていくことが、協会をよい方向に発展させる真の原動力だと信じています。
 
そのために、協会という独特の仕組みを深く理解し、その特長を最大限に活かしていただくこと。
 
これを伝えていくことを使命として、理事長さんのサポートやツールの開発を行なっています。協会をさまざま方向から、支援しています。
 

代表からのメッセージ

シュテルン代表の吉岡岳彦です。
 

 

今から22年前、私は現在のキャリアの第一歩を踏み出しました。
 
今でこそ、
 
「協会は準備をはじめてから第1回目の講座がスタートするまで、だいたい6か月はかかります」
 
というのが相場になっていますが、協会の本質や仕組みに触れることがはじめてだった当時は、そういったガイドラインもなく、長い時間をかけて試行錯誤の末、一つひとつ体系化していきました。
 
 

よくある質問をまとめました

まずは、よくある質問の答えをまとめるところからはじめました。
 
どんな理念を掲げて協会をつくるのか、という根源的なところから答えを考えました。
 ○ 理事会の人選はどうするのか
 ○ 報酬はどうするか
 ○ どのような講座がよいのか
 ○ 誰に講師を頼んだらよいのか
 ○ 会員さんを集めるにはどうしたらよいのか
 ○ 資格の名称は何がよいのか
 ○ 資格の更新はどんなルールにしたらよいのか
 ○ 商標はとるのかとらないのか
 ○ どんな場所で講座を開くのがよいのか
 ○ 受講料はいくらが適切か
などなど、決めるべきことは多岐にわたりました。
 

3年におよぶ準備期間を経たのだが、

3年におよぶ仮説と検証のの末、ようやく協会をサポートする準備が整いました。
 
 
そのころ、私はこう思っていました。
 
「3年もかけてさまざまな事態を予測して計画を練ったのだから、うまくいくはずだ」。
 
「みんなが喜んでくれる協会の教科書が完成した」。
 
 
ところが、実際に協会のアドバイスやサポートをはじめてみたものの、思うようにならないことや想定していなかったことが次から次へと発生し、計画や内容を大きく修正せざるを得ませんでした。
 
「3年もかけて計画したのに、事前に考えていたことのほとんどが的外れだった」
 
ということを思い知ることになったのです。
 

成功する協会を分析する日々

 そこで私たちは、当初の計画と実際とがどのように違っていたかを、一つひとつ確認する作業をはじめました。
 
この作業を通じ、
 
 協会事業の成功要因や失敗要因がどこにあるのか
 
 どこを押さえておくべきなのか
 
 どういう勘違いを避けなければならないのか
 
を、細部にいたるまでチェックできました。
 
また、
 
 会員さんの数が少ない初期の協会で起こりやすい問題はなにか
 
 会員さんの数が増えているときにはなにに気をつけることが必要なのか
 
を、毎日分析しました。
 
 
そうした分析の結果、協会事業の重要ポイントが見えてきました。
 
たとえば、
 
 ○ 協会は会員さんとの距離感を誤ってはいけない
 ○ 会員さん一人ひとりに異なるミッションを与える能力が、協会幹部に必要である
 ○ 資格の更新ルールの設定の仕方ひとつで、協会の発展が大きく変わる
 ○ 有名タレントさんが受講するのは成功の結果であって、成功の原因ではない
こうした協会事業の重要ポイントは、全部で100項目に達します。
 
幸い、私が立ち上げに携わった協会は、紆余曲折こそありましたが、こういった体系化したテンプレートをもとに、なんとか成長することができています。
 

協会事業をスケールするために

今や、協会事業は1,000億円市場。協会の新規設立も年々増えており、今後もさらに伸びていくことが予想されています。
 
しかし、すでに述べたように、協会事業には重要なポイントというものがあり、多くの協会で共通しています。これを知らずに協会をつくっても、なかなか発展は期待できません。
 
事前知識がないまま、とりあえず協会をはじめてはみたものの、講座の集客が思ったように進まなかったり、運営上の問題にぶつかったりと、理事長の悩み、協会の悩みが増えていることも確かなのです。
 

理事長の思い

協会は、理事長の思いがカタチになったものです。
 
その思いをないがしろにしてノウハウだけがあっても、それで協会が正しく成長することはないし、会員さんに支持されることもありません。
 
逆に、思いだけが先行して、協会事業の重要ポイントを無視した場合も、協会の正しい発展は難しいでしょう。
 
協会事業とは、理事長の思いが多くの会員さんに正確に伝わり、心から支持されてはじめて実現するものです。
 

試行錯誤が詰まった協会専門のコラム・サイト

私たちは、協会に関する情報提供を目的とした『協会のはじめて』を運営しています。
 
このコラム・サイトは、協会を設立し資格講座を実施する、というスタイルで自己実現や社会貢献を望んでいる人に読んでいただくことを目的としています。
 
100%完全な情報サイトですので、閲覧はもちろん無料です。どの記事も読んでいただけますし、「ここから先は有料」ということもありません。
 
ぜひ、今後の活動に活用していただければと思っております。
 
 
 
また、
 
「協会事業でわからないことや迷っていることがある。」
 
「質問に答えるような記事を書いてほしい」
 
ということがあるようでしたら、ぜひリクエストをください。可能な限り、ご要望にお応えさせていただきます。
 
 
 
シュテルン
代表 吉岡岳彦